主な高級腕時計の価格を知る

高級腕時計はその人の人生に大きな彩りを与えてくれます。所有することで周りからは賞賛され、また維持することで大きなモチベーションを与えてくれます。また、働く男性に取っては数少ない自己主張できる小物であり、さりげなく光る時計が、オトナの男性を演出してくれるでしょう。腕時計の世界はピンからキリまで存在します。1000円で購入できるものから、数億円するものまでもちろん中身は異なりますが、同じ「時を刻む」機能の製品であるのに、それだけの値段の幅があることも、腕時計の魅力です。また、「高級腕時計」の定義は人によって様々です。数十万円単位からカテゴライズする人もいれば、数百万単位を超えなければ高級と呼ばない人もいます。今回は2パターンの定義をもとに、それぞれの価格をご紹介します。

一般的な価格の高級腕時計の価格は?

一般的に数十万を超える価格帯の腕時計を「高級腕時計」と呼ぶ人が多いです。主にサラリーマンなどが結婚する際に送られる時計などがあります。代表的なブランドではロレックスがあります。ロレックスはスイスの機械式時計一筋のブランドで、労働者向けの頑丈な時計を生産しています。価格レンジは40万円程度から、高い物だと1000万を超える商品もありますが、一般的には100万円を下回る価格帯です。その他にはオメガ、タグホイヤーなどがあります。それぞれスイスの腕時計をブランドです。一般的にはロレックスはよりは価格帯が落ちますが、精巧なムーブメントとお洒落な外観で、人気が高いブランドです。価格帯は数十万程度。40万~50万円程度が最も多いです。日本製ではグランドセイコーがあります。質実剛健で正確に時を刻みます。価格帯は30万円程度~60万円程度です。

雲上と呼ばれる高級腕時計の価格は?

腕時計の世界は非常に奥が深いです。上述の通り1000円から数億円の違いがある世界です。一般的な言葉ではなく、本来の意味での「高級腕時計」は、少なくとも100万円は超える価格帯からです。それらは主に会社社長やセレブ、資産家などが着ける時計で、実用品ではなく装飾品の意味合いが強いです。まず代表的なのがオーデマピゲ。安くても数百万円からの価格帯です。値段は高いですが、その完成されたディテールに、多くの人が魅了されます。最新のオーデマピゲデュアルタイムは、200万円ほどします。その他にパテックフィリップ、ヴァシュロンコンスタンタンなどがあります。そのどれも最低価格は100万円を超えます。しかしそれぞれ独特の魅力があり、一生着けていても飽きることはないでしょう。奥が深い高級腕時計の世界、皆様もこれぞという一本を身につけてみてはいかがでしょうか。